走り過ぎた午後は汗をぬぐう間もない

涼しい大安の夜明けに想い出に浸る

生きていく上で、「騎士」の立ち位置って、どう思う?無関心って言えるだろうか。「豚の角煮」は、あなたにとっては何なんだろう。
  • HOME

ゆったりと吠える姉妹と失くしたストラップ

スイーツがたいそう好みで、バウンドケーキや和菓子を自分でつくるけれど、子供ができて作るものが限られてきた。
私と妻がものすごく楽しみながら食べていたら、娘がいっしょに食べたがるのは当たり前なので娘も食べられるお菓子をつくる。
自分は、チョコ系のケーキがものすごく好きなのだけれども、子供にはチョコ系のケーキなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが健康にもいいので、砂糖を控えめにつくる。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、非常につくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

曇っている大安の午前に昔を思い出す
自分自身、肌が弱く、化粧は全く使ってはいけないし、ケアも限られている。
なので、野菜やサプリメントのパワーに任せているが、ここ最近口にしているのがゼラチンだ。
ジュースに溶かして、毎朝愛飲しているけれど、ちょっとは肌がハリが出てきた。
それに、習慣にしてから効果が出るまで、即効性があったので、嬉しかった。

余裕でお喋りするあの子と月夜

恐怖はいっぱいあるけれど、私は海が一番怖い。
しかも、タヒチやハワイなんかのクリアな海ではない。
もっと上を行くのが、日本海などの黒々とした海だ。
つい、水平線に囲まれている・・・という状況を想像して怖くなってしまう。
それが味わいたかったら、オープンウォーターという映画がベスト。
ダイビングで海上に置いてけぼりの夫婦の、トークのみで話が進んでいく。
とりあえず、私にとって怖い内容だ。
現実にあり得る話なので、臨場感は大変伝わるだろう。

ゆったりと熱弁する友達と擦り切れたミサンガ
久しぶりの地方への出張の日、初めて仕事で組んだAさんは、怖そうな人だ。
最初に会話をして以降無口で、プラーベートな会話は全然お話したことがなかった。
先日、なんとなくAさんの袖をまくった腕をみてびっくりした!
一つ一つが大きなパワーストーンブレスレットいくつもつけられていたから。
ついつい、パワーストーン興味があるんですね!と出てしまったくらい。
そしたらAさんは得意げに、なおかつ可愛い顔で、種類別の石の名前紹介してくれた。

雨が上がった日曜の深夜は外へ

少し時間に余裕が作れたので、TSUTAYAへ出かけた。
新しくipodに挿入するミュージックを見つけ出すため。
現在進行形で、かなり楽しんだ曲が西野カナさん。
いつも聞いているのが洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品も素敵だと思う。
ということで、今回レンタルしたのはalizeeだ。
甘いヴォイスとフランス語が良い感じだと思う。

熱中して大声を出す友人と月夜
なにかしら生地は安い物がない。
ひとり娘が幼稚園に通うことになるので、袋が入用なのでありながら、なんだかただの布がばかにならなかった。
とりわけ、固有のキャラクターものの縫物の為の生地なんて、非常に価格が高かった。
ミッフィーとか他の縫物用の布がとっても高かった。
持っていく大きさののかばんがわりのものをお店で購入するのが手っ取り早いし、以外と安いのだけれども、しかし、地方なので、園で必要な袋はみんな、手作りだし、近隣に販売していない。

夢中で歌う弟と飛行機雲

何か一個の好きなことを、長期で続けている人に拍手を贈りたい。
スキーだったり、書道だったり、どれだけ小さな分野でも
一年に一度、幼馴染の友達と、あのホテルに泊まる!でも良いんじゃないかなと感じる。
コツコツ一つを続けるといずれはプロまでたどり着くことがあるかもしれない。
実は、幼い時にピアノと日本舞踊を学習していたが、また学習したいな。
そう考えるのは、部屋の隅にお父さんにプレゼントされたピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いつかもう一回練習したいという夢がある。

前のめりで熱弁する母さんと僕
まだ見ぬ寒い寒いロシアに、絶対旅したいという目標がある。
英語の学習に挫折しそうになった時、ロシア語を少しだけかじってみようかと考えたことがある。
結局、立ち読みしたロシア語のテキストの最初だけで一時間ほどで辞めることにした。
verbの活用の種類が生半可ではないほどややこしかったのと、私にはできないあの巻き舌だ。
旅行者としてウォッカとボルシチを味わいに向かいたいと思う。

どしゃ降りの週末の早朝に足を伸ばして

さやかちゃんはルックスはおっとりしているように見えるけれど、活発な女友達。
夫と、3歳の賢治くんと、3人でミスドの隣のマンションに住んでいる。
一般事務の仕事も子育てもしっかり行い、毎日が充実していて、時間の使い方は上手い。
少しでも時間があれば、遊びに行っていい?と必ず連絡を入れてくれる。
私はよくドーナッツを購入し、さやかちゃんのお宅に遊びに行く。

泣きながらお喋りする先生と冷たい雨
その上お客さんは、ほぼ日本からの観光客という感じだったのでその雰囲気にも驚いた。
そしてお客様は、ほぼ日本人観光客という様子だったのでその雰囲気にも驚いた。
日本で評判なのが、韓国コスメは肌の栄養になる成分が多く使用されているとか。
もちろん、それにも感動はあったけれど店の人の言語能力にも素晴らしいと思った。
この分野の会話だけなのかもしれないが、日本語が堪能。
私たちは、ちょっとだけ韓国語を使おうと向かった韓国旅行だけど、使わなくても大丈夫なようだ。
必要に駆られれば、努力すれば外国語をマスターできるということを知ることができた旅行だった。

Copyright (C) 2015 走り過ぎた午後は汗をぬぐう間もない All Rights Reserved.

Page Top