走り過ぎた午後は汗をぬぐう間もない

どしゃ降りの日曜の早朝に昔を思い出す

例えば、地球に初めて来た宇宙人に「大工」のことを説明するとしたら、どんなふうに言う?「八宝菜」の特徴とか、ううん、まずは世界や日本の説明からするかもしれないね。
  • HOME

風の無い水曜の夕暮れは想い出に浸る

全国には、数えきれないくらいのお祭りが存在するみたいだ。
自分の目で見たことはないが、じゅうぶん知っているのは、秩父夜祭りがある。
ゴージャスな彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を見た際に、実際の様子を写したDVDや実際の大きさの屋台と笠鉾を見せてもらった。
冬に行われるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
体験したいし見てみたいお祭りの一つなのである。
秩父夜祭とは逆に、夏に開かれているのは、福岡県のほうじょうやが有名で、すべての生き物の命を奪う事を禁止する祭り。
今から大分前には、この祭りの行われている間は、漁もしてはいけなかったらしい。
代々続くお祭りも大事だが、私は屋台も同じくらい大好き。

怒って自転車をこぐ姉妹と季節はずれの雪
石田衣良という小説家に出会ったのは、友達の愛ちゃんの部屋で。
「愛がいない部屋」という短いお話が詰まった短編集が机に置かれていたから。
地元の長野の母さんが読み切って、その後カップラーメンやフルーツと共に送ってくれたらしい。
その頃はまだまだ名前の知れていなかった石田衣良。
愛ちゃんはもともと自伝やビジネス、ファッション誌などは読む。
しかし、いわゆるノベルは嫌いだそうで、この本、私にくれた。
愛の母はどんなことを考えながら、愛がいない部屋を手に取ったのだろうか。

気どりながら泳ぐ彼と僕

夜中、目が冴えているとなると、映画を集中して見ることがある。
昨夜見たDVDは、「エスター」というタイトルのアメリカ映画だ。
話の中心の、エスターと言う子は賢いけれど少しクレイジーな9歳の子供。
終わりにびっくりな結末が見られる。
これを観賞の半ばで、隠された事実が予想できる人がいるか疑問なくらい意外すぎる事実。
というのは、ビクッとするのではなく、ただある種のホラー映画のような終わり方だった。
映画は、いつも私の深夜の時間を満足させてくれる。
映画と言えば、だいたいお酒とおつまみも常に一緒なので、体重が増えてしまうのが恐ろしい。

騒がしく自転車をこぐ姉妹と電子レンジ
知佳子と福岡のAbercrombie & Fitchに入店した。
私たちはAbercrombie & Fitchのファッションコーディネイトが好き。
また、店内の高級感と、満ちている香りが。
1時間くらいみて、店を出た。
気付いたら、自分が通路をふさいでいたので、失礼しました!と言って振り返った。
そういえば、店にいた男の人。
笑って、大丈夫ですよ、と言われた。
驚いたのは、その荷物。
アバクロンビーでどれだけ購入したの?って質問したくなった。
次に入店した、スタバでちかことその人の収入予測で盛り上がった。
ANSWERは永遠の謎だ。

湿気の多い木曜の夜明けに目を閉じて

煙草を吸う事は自分の体に悪い。
と言ったことは、分かっていても買ってしまうという。
以前、仕事で紹介された建設会社の専務のおじいさん。
「私が丈夫なのは煙と日本酒の力です」なんて胸を張って言っていた。
胸を張って言われると、出来ない脱ニコチンはしなくてもいいのかもしれないと思う。

雲の無い祝日の午後に読書を
明日香は、短大に入ってすぐに仲良くなった仲間だ。
明日香ちゃんの魅力的なところは、たいていの事は見逃すし、細かい事は気にしないところ。
私から親しくなりたいと言ったそうだが、たしかに、そうだと思う。
遊びに行くと、ほとんどの事がシンプルになるので、とてもほっとする。
細身でスキニーなのに夜中にハンバーグを食べに車を走らせたりするらしい。

雹が降った木曜の夜はお酒を

この一眼は、実は、砂浜で拾った。
昨日は、7月の終わり頃で、はじめで、例年通り暑く感じた。
渋谷で、大好きな彼女と言い合いになって、今日は口を利きたくないと告げられた。
立ち直ろうと、アパートからこの浜辺まで車でやってきて、海岸を歩いていた。
そこで、少し砂に埋もれたこの一眼に出会うことができたのだ。
手に取って試しに色々な様子を撮ってみた。
この持ち主より、良いラインでとれているかもしれないと思った。
恋人の素敵な笑顔撮れたらなー、とか、意外とピント調節って丁度良くならないなーとか一人で考えていた。
明日、なんとか会ってくれるなら、恋人に僕が悪かったと謝るつもりだ。
そしたら、この一眼レフ、交番に届けよう。

気持ち良さそうに口笛を吹く兄さんと横殴りの雪
人間の大半は水という調査もありますので、水の摂取は一人の人間の重要点です。
水分補給を欠かすことなく、お互いに健康で楽しい季節を満喫したいですね。
輝く光の中より蝉の鳴き声が耳に届くこの時期、いつも外出しないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策に関して気になる方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のスキンケアは秋に表れるという位なので、やっぱり気にしてしまう所かもしれません。
もう一つ、誰もが気にかけているのが水分摂取についてです。
もちろん、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、暑い時期は少し例外の可能性もあります。
なぜならば、多く汗を出して、知らない間に水分が抜けていくからです。
外に出るときの本人の具合も影響するでしょう。
ひょっとして、自分で気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑い時期の水分摂取は、次の瞬間の体に出るといっても過言にはならないかもしれません。
ちょっと外に出る時も、小さなもので充分なので、水筒があればとっても経済的です。
人間の大半は水という調査もありますので、水の摂取は一人の人間の重要点です。
水分補給を欠かすことなく、お互いに健康で楽しい季節を満喫したいですね。

具合悪そうに泳ぐ子供と花粉症

娘がマルモダンスにはまっている。
私と妻は教えていないけれど、3歳だけれど頑張ってまねしている。
どこかでマルモのおきての音が聞こえると、録画映像を見たがって泣く。
保存した映像を流すと止まることなくずっと見続けている。
母親からみて、テレビの映像を見てばかりよりは絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりするほうが好ましいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今のうちに遊んでおくのも自分の為でもある。

暑い週末の午後は立ちっぱなしで
そそられなかったけれど、筋トレもわずかでもしなくてはとここ最近思う。
仕事が変わってから、このごろ、歩く事がめちゃめちゃ減り、体脂肪がめっちゃ上がった。
それから、30歳になったのも関係しているかもしれないが、腹にぶよぶよと脂肪がついてきて、めちゃめちゃみっともない。
ほんの少しでも、筋トレしないとまずい。

Copyright (C) 2015 走り過ぎた午後は汗をぬぐう間もない All Rights Reserved.

Page Top